わきが手術はまだするな!自宅でわきがを治せる秘密を公開中!!
→ 名医が教えてくれた”わきが”克服法!

わきが治療の後遺症

わきが治療の後遺症について説明します。

わきが治療で行う手術の後遺症はどのような方法の手術の場合でも起こる可能性があると考えてください。

手術の後遺症として挙げられるのは、
・出血・血腫
・化膿
・しびれ

が主なものになります。

出血・血腫

出血・血腫は一般的に手術を行えばある程度の出血はやむを得ず、出血を少なくするためには手術後の安静が最も大切です。

出血は、量が少なく、皮膚の外へ排出されてしまえば問題ないのですが、過剰に腕を動かすなど創部の安静が保てない場合などには出血が多くなり、皮膚の中にとどまって塊となる血腫が起こることがあります。

化膿

化膿の原因となる細菌などが手術後に皮膚に入り込むと、膿などの液体が皮膚に溜まり、皮膚にダメージを与えてしまいます。

手術後の過剰な発汗や入浴時に創部を濡らさないように気をつけてください。

しびれ

皮膚の表面には目に見えない細い知覚神経が付着していますが、汗腺を取る時にはこの細い神経も同時に取られてしまうので,術後皮膚の表面や周囲に軽いしびれや異和感が残ることがあります。

このほか、わきが手術の後遺症として「しわ・毛穴・傷跡の残存」「薬剤によるアレルギー」「色素沈着」などが挙げられます。

Copyright © 2006-2011 わきが 治療ガイド, All rights reserved .