わきが手術はまだするな!自宅でわきがを治せる秘密を公開中!!
→ 名医が教えてくれた”わきが”克服法!

治療に使われる機器

わきが治療に使われる機器について説明します。

過去の治療機器

これまでは一般の外科手術に使用されるような大きなメスなどを使い、患部を大きく切開する手術法が主な治療行為として行われていました。

しかし、わきが治療に使われる機器が大きい場合は3日から2週間の入院が必要になります。

さらに問題だったのが、その効果のほどがそれほどでなく、常に再発の心配がつきまとうことでした。

これらの後遺症のリスクが日常生活にも支障をきたしますし、目立つ場所ではなくても特に女性にとって身体にキズが残ることは、メンタル面でも大きな障害となったのです。

しかも、治療法を変えても完治させることは難しく、術後も症状は軽減されたとしても、相変わらず自分の臭いを気にしながらの生活が続くことになっていました。

現在の治療機器

メスなどは、わきが治療に使われる機器としてすでに過去のものになり、最新のわきが治療に使われる機器は超音波レーザーが用いられています。

超音波レーザーでの治療では、再発もなく後遺症もない、キズもほとんど残らないというすばらしい成果が挙げられるようになりました。

ただし、この超音波レーザーなど、わきが治療に使われる機器は大変高価で、設置してある医療機関や病院はまだ少ないのが現状です。

Copyright © 2006-2011 わきが 治療ガイド, All rights reserved .