わきが手術はまだするな!自宅でわきがを治せる秘密を公開中!!
→ 名医が教えてくれた”わきが”克服法!

わきがの手術

わきがの手術には、様々な手法が存在し、それぞれにメリット、デメリットがあります。

よって、安全で、痛くなく、簡単な手術で、低料金、傷跡が残らず完治してと、希望してもこれら全ての条件を満たす手術はないと思ってください。

自分の症状や希望に適する治療法を担当医と共に決めていく必要があります。
もちろん、自分に合った治療方法をしっかりカウンセリングしてくれるクリニックも十分検討して選ばなければいけません。

現在日本で行われているわきが手術は主に2つあります。

吸引法

まずわきがの手術としては比較的お手軽な方法が吸引法です。

ワキの下の皮膚をしわに沿って数ミリ切開し、そこから吸引管で皮下のエクリン腺やわきがの原因であるアポクリン腺を吸引する方法です。

切開は数ミリなので、傷跡はほとんど残らず、手術は短時間で済むのですが、吸い出すだけでは、当然全てのアポクリン腺を取り除くことは不可能なため、完治率は低くなります。ただ、軽度な症状ならばわきがの手術の選択肢と成り得るでしょう。

剪除法(せんじょほう)

ワキの下の皮膚をしわに沿って3〜4センチ切開し、そこから皮膚の裏側にあるアポクリン腺を医師が直接肉眼で確認しながら取り除く方法です。

この方法は、切開部分が大きいため、術後の傷痕が残ることと、経過が長いというデメリットがありますが、医師が直接肉眼で確認できるため、わきがの手術として完治率は高いと言えます。

Copyright © 2006-2011 わきが 治療ガイド, All rights reserved .